2010年01月01日

イメージバックアップソフト「Macrium Reflect FREE Edition」

Macrium Reflect Free Edition
■ソフト名:Macrium Reflect Free Edition
■メーカーHP:Paramaount Software UK Ltd.
■対応OS:XP/Vista/7
■動作環境:
■利用条件:無償で利用可。ネット経由でライセンス認証が必要。
■言語表示:英語
▼ダウンロード先:
Information and download - Macrium Reflect Free Edition
▼他のダウンロードサイト:
FileHippo.com - Macrium Reflect Free Edition

イメージバックアップソフトMacrium Reflect Free Edition
無料で利用出来ますが、利用時にはネット経由でライセンス認証が必要です。
英語表示ですが、ドライブ全体をイメージ化してバックアップ・復元が可能。



一応、日本語化工房-KUP - Macrium Reflectさんで日本語化パッチが公開されています。

▼バージョンと日付
バージョン 日付 対応OS その他
v4.2.2952 2010/09/28 XP(32/64bit)/Vista(32/64bit)/7(32/64bit)
v4.2.2866 2010/07/30 XP(32/64bit)/Vista(32/64bit)/7(32/64bit)
v4.2.2733 2010/06/22 XP(32/64bit)/Vista(32/64bit)/7(32/64bit)
v4.2.2525 2010/03/18 XP(32/64bit)/Vista(32/64bit)/7(32/64bit) 日本語化工房-KUP - Macrium Reflect

▼解説サイト:
GIGAZINE - 2009/02/06 Windowsが起動したままの状態でハードディスクをまるごとイメージ化できるフリーソフト「Macrium Reflect FREE Edition」
k本的に無料ソフト・フリーソフト - Macrium Reflect Free Edition
フリーソフトとPCツール - Macrium Reflect FREE Edition ハードディスク全体をイメージ化してバックアップできるソフト(使い方、インストール方法)
ソフタンクな徒然Blog日記 - Windows を起動した状態でHDDをバックアップ!!「Macrium Reflect Free Edition」
作る人(つくるんちゅ)日記 - Cドライブ(システム)をバックアップ「Macrium Reflect 編」
gml - Macrium Reflect Free edition
IT Pro - 2009/07/16 ハードディスク全体のイメージをバックアップする「Macrium Reflect」
深澤裕から始まるビジネス革命 - PC初期セットアップマニュアル 〜バックアップ編
ほんちのらくがきちょう - Macrium Reflect 問題解決!!(AHCIドライバ入りBartPE)

■気になるページ:
ライフハッカー - システム復元ツールベスト5 (フリーソフト限定)
INSTALL - Macrium Reflect Full Version





試しにMacrium Reflect Free Edition v4.2.2525を利用してみました。
ソフトのインストール作業をします。
Macrium Reflect Free Editionを起動し、表示されたInternet Accessで「OK」をクリック。
ネット経由でライセンス認証を行います。
認証されれば、自動的にパーティションを解析されメイン画面が表示されます。

一応、Windowsが起動している状態で、Cドライブ(システムドライブ)のみのバックアップをしてみました。
メイン画面上部のBackupアイコンをクリックすると「Backup Wizard」が表示します。
あとは指示に従ってバックアップしたい項目を設定していくだけ・・・。

Cドライブ(システムドライブ)をハードディスク内にバックアップすることにしました。
Backup destinationで保存先を指定。
「Local Hard Disk」「Network」「CD/DVD Burner」から選択できます。


CompleteAdvancedでバックアップ時の拡張設定が出来ます。
設定が終わったらFinishをクリック。


Advancedでは「圧縮」「ファイル」の設定が可能。
「圧縮」では、「インテリジェント・セクター・コピー」「完全コピー」の選択が出来ます。


Backup Save Optionsが表示するので「OK」をクリックしてバックアップ開始。


バックアップ終了するまで待つだけ。
使用データ7GB程度のWindowsのシステムドライブが、約3分で3.4GB程度に圧縮されたバックアップデータができました。
Windowsのシステムドライブ(Cドライブ)のバックアップを作成して同じCドライブ上で復元する場合は、「レスキューCD」を作成して「レスキューCD」上から作業する必要があります。


メイン画面のタブ「XML Definition Files」が表示され、バックアップデータが確認できます。



メイン画面上部のRestoreアイコンをクリックすると「Restore Wizard」が表示します。
あとは指示に従ってバックアップデータの復元をするだけ・・・。

復元したいバックアップデータを選択し、どの場所に復元するか指定して作業するだけ。


Windowsが起動している状態からのCドライブ(システムドライブ)の復元はできません。
無料版なので「レスキューCD」を作成してCドライブ(システムドライブ)の復元をする必要があります。



メイン画面上部の アイコンからマウントの指定や解除が出来ます。
バックアップデータから一部ファイルを取り出したりする時には非常に便利。


メイン画面上部のVerifyアイコンをクリックすると「Verify Wizard」が表示します。
あとは指示に従ってバックアップデータのチェックするだけ・・・。


Macrium Reflect Free Editionは、ブータブルCD/DVDを作成することができます。
これがあればWindowsが起動しなくなった場合でも安心。
バックアップデータを別ドライブに復元する場合は「レスキューCD」はとくに必要ありません。
Cドライブ(システムドライブ)のバックアップデータを同じ場所のCドライブ(システムドライブ)に復元する場合は「レスキューCD」が必要です。

メイン画面上部のRescue CDアイコンをクリックすると「Rescue CD Wizard」が表示します。
あとは指示に従って「レスキューCD」を作成するだけ・・・。
How to create a bootable Linux USB stick


「Linuxベース」「BartPEベース」のいずれかを選択が可能。
通常はLinuxベースの復元用レスキューCDを作成すればよいと思います。


「Linuxベース」の画面。
直接CD/DVDなどへの作成や、ISOイメージの作成が可能です。


「BartPEベース」の画面。
マイコミジャーナル - 2003/12/18 自分好みの緊急用ブートCDをつくろう! 〜Bart's PE Builder〜


レスキューCDが出来上がったら、一度自分のパソコンでしっかり起動できるか確認しておくとよいと思います。
突然Windowsが起動しなくなった時にレスキューCDが起動しなけければ意味がないし・・・。


レスキューCDを起動すると「Restore Wizard」が表示します。
あとは「Restore Wizard」指示に従ってバックアップデータの復元をするだけ・・・。

また、スケジュールを指定してのバックアップも可能です。
これだけの機能でフリーならMacrium Reflect Free Editionを使うのもありかも・・・。

記事内容の追加/編集(更新2010/04)

posted by blogdego at 01:07 | Comment(0) | バックアップ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。