2008年05月10日

メール支援ソフト「MailStore Home」

MailStore Home
■ソフト名:MailStore Home
■メーカーHP:deepinvent Software GmbH
■対応OS:2000/XP/2003/Vista/7
■動作環境:
■利用条件:非商用利用のみ
■言語表示:英語
▼ダウンロード先:
MailStore - Free email archiving and backup software
▼他のダウンロードサイト:
窓の杜 - メール支援>MailStore Home

メールデータのバックアップやメールの閲覧が可能なメール支援ソフトMailStore Home
メールソフトMicrosoft OutlookOutlook ExpressやVista標準搭載のWindows メールWindows Live メールThunderbirdなどに対応しています。
GmailなどPOP3/IMAPサーバー上のメールをバックアップすることも可能です。
バックアップファイルは、CD/DVDメディアやハードディスクやUSBメモリへの保存が可能です。
復元機能では、「1通ずつ」「全メール」「指定フォルダのメール」などの復元ができます。
ポータブル版「MailStore Home 4 Portable」のベータ版も配布されています。



▼バージョンと日付
バージョン 日付 対応OS その他
v8.0.0.8307 2013/02/18 XP/Vista/7/8 日本語を含む16カ国語をサポート
v5.0.0.6684 2011/10/17 2000/XP/2003/Vista/2008/7 USBメモリへのインストール対応
v4.0.6.4088 2010/04/07 2000/XP/2003/Vista/7
v4.0.0.3493 2009/09/30 2000/XP/2003/Vista HDDやUSBメモリへの保存に対応
v3.0 2008/11/18 2000/XP/2003/Vista Gmailのバックアップに対応
v2.0.0.3054 2008/01/17 2000/XP/2003/Vista

■解説サイト:
Gigazine - 2012/08/30 別メールソフトへ移せるフリーソフト「MailStore Home」
データ復旧大図鑑 - フリーメール(Gmail yahooメール・・・)の受信データをバックアップして保存する
教えて君.net - GMailをラベル単位でHDDにバックアップ「MailStore Home」
教えて君.net - Gmailにメールを預けておいて本当に大丈夫なの? 勝手に消えたりしないの?
パソコン知識メモ - GメールのバックアップはMail Store Homeで!(FileCabinet (GoogleApps LessonSite))
LiveartGEEKS - Gmailのバックアップどうしてる?「MailStore Home 4」が便利!!
インフォラティ / Inforati - Mac MailのメールデータをWindowsの様々なメールソフトに移行する方法
メールの「重い」を軽くする!:XP もVistaもフリーソフトで「速く」する!

■気になるページ:
窓の杜 - 2013/2/19 メールバックアップソフト「MailStore Home 8.0」が公開、「Outlook 2013」などへ対応 ユーザーインターフェイスが日本語化
窓の杜 - 2012/05/11 メールデータのアーカイブソフト「MailStore Home」がメジャーバージョンアップ ユーザーインターフェイスの改善や“EWS”への対応強化など
窓の杜 - 2011/10/18 USBメモリへインストールできるようになった「MailStore Home」v5.0 バックアップしたメールごとUSBメモリに入れて外出先へ持ち運べる
窓の杜 - 2009/10/01 メールのバックアップと復元機能が強化された「MailStore Home」v4.0
窓の杜 - 2008/12/10 Thunderbirdへの復元に対応したメールバックアップソフト「MailStore」v3.0.2
窓の杜 - 2008/11/18 “Gmail”を簡単にバックアップ可能になった「MailStore Home」v3.0
窓の杜 - 2008/01/17 「Outlook Express」「Thunderbird」などのメールをバックアップ・検索・閲覧



試しにMailStore Home v4.0.6.4088を利用してみました。
初めてソフトを起動するとダイアログボックス画面「MailStore Home Configuration」が表示されます。
デフォルトの保存先でよければ「OK」をクリックします。

別の場所(Dドライブなど)で管理したい場合は、「Create a new e-mail archive」を選択し、「Change...」でフォルダ先を指定し「OK」をクリックします。(事前に保存用フォルダを作成しておくとよい)
※OS再インストール時など「Use an existing e-mail archive」でデータを引き継げます。

メイン画面の「Archive E-mail」をクリックします。


「Archive E-mail」画面で、どのメールソフトから読み込むかを指定します。
今回は使用中のメールソフトMozilla Thunderbirdをクリックします。


ダイアログボックスが表示されるので指示通りに進みます。
バックアップするメール範囲を指定する場合は、「Only if〜」にチェックを付け何日以前のメールを保存するかを指定することができます。


メールデータの読み込みが開始されます。
初めての読み込み時やメールデータ容量によってはかなり時間がかかります。
メールデータの読み込みが完了したら、ダイアログボックスの[Close]をクリックします。


設定した内容はMailStore Homeに登録されるので、項目からの作業も可能です。


メールソフトThunderbirdのメールデータがMailStore Homeに保存されました。
保存されたメールデータは、MailStore Homeでメール内容やヘッダー内容などを確認することができます。
この画面からメールを「フォルダごと、1通ずつや数通ずつ」とメールソフトやWebメールへ復元したりすることも可能です。



MailStore Home内に保存されたThunderbirdのメールデータをメールソフトOutlook Expressに移してみました。
メイン画面の「Export E-mail」をクリックします。


「Export E-mail」画面で、どこに書き込むかを指定します。
今回はメールソフトOutlook Expressをクリックします。


ダイアログボックスが表示されるので、メールデータのフォルダを選択します。
全メール、もしくは指定フォルダなどの選択ができます。
フォルダを選択したら[Next]をクリックします。
アカウントユーザーを確認して指示通りに進みます。


「Run after clicking Finish」にチェックが入っている場合は、[Finish]を押すとすぐに作業が始まります。


メールソフトOutlook Expressへのメールデータのインポート作業が開始されます。
メールデータ容量によってはかなり時間がかかります。
完了したら、ダイアログボックスの[Close]をクリックします。


設定した内容はMailStore Homeに登録されるので、項目からの作業も可能です。


メールソフトに正常にインポートされると、「MailStore Export」というフォルダが自動的に作成されます。



「Export E-mail」画面の「Directory (File System)」「CD/DVD」の選択で、「eml形式」などでエクスポート保存することもできます。



MailStore Homeで保存されたメールデータは、外部メディアなどにバックアップして保存しておくことができます。
「Backup to CD or DVD」・・・CDメディアまたはDVDメディアへのバックアップ
「Backup to HDD or USB」・・・ハードディスクやUSBメモリなどへのバックアップ
試しにハードディスクにバックアップしてみる。
メイン画面の「Backup to HDD or USB」をクリックします。


ダイアログボックス「フォルダの参照」で、どこにバックアップするかを指定します。
フォルダを指定し「OK」をクリックするとバックアップが開始されます。
バックアップが完了したら、ダイアログボックスの[Close]をクリックして終了。


バックアップされたフォルダ内を確認すると「Setup」の中にMailStore Homeの実行ファイルが保存されています。
復元先のパソコンにMailStore Homeがインストールされていない場合は安心かも・・・。



「Search E-mail」画面




「Administrative Tools」画面



海外製のツールソフトですが、日本語のメール内容は文字化け等はとくに無く表示してくれます。(たぶん・・・)
メールソフトやWebメールなどの環境が変わっても、このソフトでメールのバックアップをしておけば安心かもしれません。

記事内容の追加/編集(更新2010/04)
タグ:メール
posted by blogdego at 01:01 | Comment(0) | メール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。