2006年11月11日

スパイウェア対策ソフト「Windows Defender」

Windows Defender
■ソフト名:Windows Defender
■メーカーHP:MicrosoftWindows Defender ホーム
■対応OS:XP/Server 2003/XP x64/Server 2003 x64
■利用条件:無料で利用可。(フリーソフト)
■日本語表示:日本語版を利用で可能。
▼ダウンロード先:
Microsoft - Windows Defender
▼関連:
Microsoft ダウンロード センター
マイクロソフト セキュリティ At Home
マイクロソフト セキュリティ At Home - コンピューターを守る
Microsoft Security Essentials
Windows Live OneCare PC セーフティ

Microsoftから公開されている無料版スパイウェア対策ソフトWindows Defender
ユーザー登録や試用期限なども気にすることなく無料で利用できます。
ただ、ソフトインストール前にWindowsが正規品かどうかのチェック「Windows Genuine Advantage (正規 Windows 推奨プログラム) 」の確認が必要です。
常駐タイプなのでリアルタイムでスパイウェアなどを検出してくれます。
2007年1月30日に発売されたWindowsVistaに標準搭載されています。
また、同じ日に発売されたMicrosoftのセキュリティソフト「Windows Live OneCare」には、「Windows Defender」の技術が統合されています。
※Microsoftの無料版ウイルス対策ソフトMicrosoft Security Essentialsを利用している場合は、スパイウェア対策ソフトWindows Defenderをインストールする必要はありません。



Microsoftは2004年12月17日に、GIANT Company Softwareの買収を発表。
GIANT Company Softwareの「GIANT AntiSpyware」をベースに「Microsoft Windows AntiSpyware」Beta として無償公開し、その後に正式名称Windows Defenderとして公開しました。
Windows Defenderは常駐することで、システムやIEの動作をリアルタイムに監視し、スパイウェアのインストールを阻止するスパイウェア対策ソフト。
手動・スケジュールでPC内全体のスキャン実行、既にPC内に侵入したスパイウェアを駆除することも出来ます。
スパイウェア「定義ファイル」は、自動アップデート可能。
PCスペックが低いWindows XPで常駐させると作業動作が重く感じるかも知れないが、常駐タイプの無償スパイウェア対策ソフトとしてみると嬉しいソフト。

また、「Microsoft SpyNet」というスパイウェア情報収集ネットワーク(コミュニティ)というものがあります。
危険性な情報をより正確に入手し、よりよい定義ファイルを作成するためのネットワーク。
「SpyNet」には2つのモード「Advanced(上級メンバシップ)」「Basic(基本メンバシップ)」があり、登録することで参加出来ます。
PC上での検出情報がMicrosoftに送信されるため、注意書きをよく読んで登録するか決めること。
「Microsoft SpyNet」に任意で登録すれば、Microsoftのマルウェア調査に協力する形になり、参加や脱退はいつでも出来ます。
登録ユーザー数が増えれば増えるほど、「定義ファイル」などの情報が増え、ソフト性能もアップし、信頼出来るスパイウェア対策ソフトになる仕組みと考えてもいいかも知れません。


▼バージョンと日付
バージョン 日付 対応OS その他
v1.1.1593.0 日本語版
2006/11/09 XP(32/64bit)/Server 2003(32/64bit) Vista/7は標準搭載

■関連サイト・ページ
Microsoft - スパイウェア
Microsoft - Windows Defender

窓の杜 - MS、無償のスパイウェア対策ソフト「Windows Defender」日本語版を正式公開
@IT - Windows Defenderでスパイウェアを検出/削除する
@IT - Windows Defenderの警告レベルの設定を知る
All About - Windows Defenderでスパイウェアを撃破する
M.Gのセキュリティブログ@CNET

記事内容の追加/編集(更新2007/12)

posted by blogdego at 00:01 | Comment(0) | スパイウェア対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。